社員が語るECスタジオ MEMBER INTERVIEW

ECスタジオに入った理由

超体育会系の法人営業・組立家具の企画営業・温熱マッサージ師・地域情報誌の編集などを経て制作会社のグラフィックデザイナーに転身しました。大手通販企業のDMや同梱物制作を行う中で、結果がどうなったかを把握できず作りっぱなしになってしまうことに不満を持っていたところ、中学・高校の友人である代表の嶋田に誘われECスタジオに入社。楽天やyahooなどのECモール、パッケージ、LP、同梱物の制作に始まり最近ではマネジメント業務など、幅広い仕事に携わらせてもらっています。

今はどんな仕事をしてますか?

クリエイティブ部は社内のデザインを一手に担う部署です。商品パッケージからLP、同梱パンフレットやSNSの画像まで幅広い媒体でデザインしています。私自身は部のマネージャーとして、メンバーの成長サポートに努めています。通販のインハウスデザイナーはデザインスキルのみならずプロダクトや顧客の理解が必要になってくるので、そういった切り口からのコミュニケーションを意識しています。
また、サポートブランドの1つである男性向けの香りに特化した「LAGNET(ラグネット)」の担当をしており、KPIの管理、施策の立案・実行、デザイン制作を行っています。男性美容は弊社にとって新しいチャレンジとなるので、しっかり頑張っていきたいですね。

今後のビジョンや目標

目指すのは多様性のあるチームです。例えば同じデザイナーという職種でも、女性向け商材が得意な人もいればライティングまたはロゴデザインが得意だったり。UIデザインに強い、コミュニケーション力が高い、プレゼンが得意、などなど。全員が自分の強みを発揮できる環境を作りたいですね。理想は「一人ひとりがプロとしてどこの会社でも、またはフリーランスでも生きていける。でも、このチーム・会社が好き、叶えたいビジョンがある。だから、あえてここにいる」というチームです。
個人としては、美容と健康に関係する新たな事業立ち上げにも興味があります。MBAなども活用しながら座学と実学の両面から学び続けることで、死ぬ間際までビジネスパーソンとして活動したいと考えています。

未来の仲間へメッセージ

設立年数の浅い会社なので、たくさんのポジションが空いています。デザイナーという職種に限っても、コピーライティングやコーディング、ディレクションも兼任しているので、得意な方が入ればさらにクオリティの高いものを作れる余地があります。自分で積極的に手を挙げる方であれば活躍の場は無数にあると思うので、成長したい・自分の可能性をもっと広げたい、という意欲あふれる方に来ていただきガンガン活躍してほしいです。

その他のインタビュー OTHERS INTERVIEW