社員が語るECスタジオ MEMBER INTERVIEW

ECスタジオに入った理由

超体育会系の法人営業・組立家具の企画営業・温熱マッサージ師・地域情報誌の編集などを経て制作会社のグラフィックデザイナーに転身しました。大手通販企業のDMや同梱物制作を行う中で、結果がどうなったかを把握できず作りっぱなしになってしまうことに不満を持っていたところ、中高の友人である代表の嶋田に誘われECスタジオに入社。デザイナー→クリエイティブマネージャー→ブランドマネージャーというキャリアを歩んできました。

今はどんな仕事をしてますか?

グループ事業部は、メンズコスメを扱うLAGNET推進部・女性向けのバストケアブランドのセルノートとヘアケアブランドであるONESTを扱うセルノート推進部に分かれています。
私はLAGNET推進部に所属し、メイン商材である練り香水や化粧水などをお客様にどう届けるか、ということを毎日考えています。具体的には大きく分けて2つ。売上目標を立て、市場規模や競合を調べ、ペルソナやカスタマージャーニーマップを作るといった戦略を立てること。もうひとつが、実際の施策に落とし込み、結果を把握し、改善するオペレーションを進めていくこと。
この二つを行ったり来たりしながら、ブランドを作っていくのが今の役割です。

今後のビジョンや目標

目指すのは多様性のあるチームです。例えば同じデザイナーという職種でも、女性向け商材が得意な人もいればライティングまたはロゴデザインが得意だったり。UIデザインに強い、コミュニケーション力が高い、プレゼンが得意、などなど。全員が自分の強みを発揮できる環境を作りたいですね。理想は「一人ひとりがプロとしてどこの会社でも、またはフリーランスでも生きていける。でも、このチーム・会社が好き、叶えたいビジョンがある。だから、あえてここにいる」というチームです。
個人としては、美容と健康に関係する新たな事業立ち上げにも興味があります。MBAなども活用しながら座学と実学の両面から学び続けることで、死ぬ間際までビジネスパーソンとして活動したいと考えています。

未来の仲間へメッセージ

グループ事業部はメンバー数も少ないので、たくさんのポジションが空いています。例えば、コピーライティングをデザイナーが兼任することも多く、専任のライターが入ったりしたらさらにクオリティの高い制作物を作れる余地があります。もしくは幅広い分野の仕事をしたいとった方もピッタリで、例えば、SNSの企画~制作~分析~改善までをワンストップでやる、というのも少人数のチームならでは。大変な分、自分で仕事をコントロールしながら顧客からの結果をダイレクトに感じられるので、やりがいは強く感じられるはずです。成長したい・自分の可能性をもっと広げたいという意欲あふれる方に来てもらい、ガンガン活躍してほしいと思います。

その他のインタビュー OTHERS INTERVIEW